@niftyの接続サービスを利用していますが、速度が低下しました(出ません)。どうしたらいいですか。

ネットワークの混雑や、お使いの環境など様々な原因が考えられます。

NifMoをご利用の場合は以下のページをご覧ください。

NifMoのデータ通信速度が急に遅くなりました。どうしたらいいですか。

パソコンなど機器に起因する問題

お使いのパソコン・機器の性能

  • お使いのパソコンの処理速度や、ブロードバンドルータの処理速度によって影響を受ける場合があります。
    Windows 10などの新しいOSが搭載されたパソコンのご利用をおすすめします。

  • 上記以外に、無線LANのご利用、LANドライバやLANケーブルの違いによって速度低下が見受けられる場合があります。
    一般的なLANケーブルは以下となりますので、お使いのLANケーブルの規格をご確認ください。

1000BASE-TのLANケーブル 伝送速度1Gbps
100Base-TXのLANケーブル 伝送速度100Mbps
10Base-TのLANケーブル 伝送速度10Mbps
(ご使用可能ですが、回線速度は最大10Mbpsとなります。)

レジストリに変更のあるソフトの導入

セキュリティソフトやアプリケーション、ハードウェアをインストールした場合、レジストリ(パソコン内のシステムの設定データが記録されているデータベース)の変更がされるものがあるため、こうしたソフトを導入した場合、速度低下の要因になる場合があります。

ネットワークなど回線環境に起因する問題

ネットワークの速度は経路の距離や混雑具合によって異なるため、速度低下の理由として、以下の2点が考えられます。

接続先サーバーまでの、通信経路混雑状況の影響

時間帯によっては通信経路の混雑が発生して速度低下となることがあります。
通信速度が遅いと感じた場合は、時間帯を変えて利用すると通信速度が向上することがあります。

また、フレッツ光回線をご利用中の方は、あわせて「@nifty v6サービス」をお申し込みいただくことにより、別の通信経路となることから混雑が回避され速度低下が改善する場合があります。
「@nifty v6サービス」の詳細や、お申し込み状況については、以下のページをご覧ください。

@nifty v6サービス

接続先サーバーの負荷の影響

インターネット上にある様々なサイトは、多くのインターネットユーザーで利用されています。
このため、多数の接続があるサイトでは、サーバーに負荷がかかり、通信速度が低下することがあります。
通信速度が遅いと感じた場合は、時間帯を変えて利用をお試しください。

常駐プログラム(セキュリティソフトを含む)に起因する問題

上記以外にも、パソコンなどに常駐して動作するプログラム(ウイルス検知ソフト、セキュリティソフトなど)による処理能力の消費や動作が、通信速度に影響を与える場合があります。

ブラウザーの初期化

速度が低下する場合は、ブラウザーの初期化をお試しください。