@nifty光 / @nifty光ライフ with フレッツ / @nifty光 with フレッツ / Bフレッツコースで回線速度が遅くなることがあります。どうしてですか。

ネットワークの混雑や、お使いの環境などさまざまな原因が考えられます。

一部のお客様の通信量が著しく多い場合には、通信経路が混雑し、一時的に通信速度低下につながることがあります。

「@nifty接続サービス」の通信品質向上のための取り組みについて ~インターネットを快適に利用いただくために~

パソコンなど機器に起因する問題

お使いのパソコン・機器の性能

  • お使いのパソコンの処理速度や、ブロードバンドルーターの処理速度によって影響を受ける場合があります。
  • 無線LANのご利用、LANドライバーやLANケーブルの違いによって速度低下が見受けられる場合があります。

レジストリに変更のあるソフトの導入

セキュリティソフトやアプリケーション、ハードウェアをインストールした場合、レジストリ(パソコン内のシステムの設定データが記録されているデータベース)の変更がされるものがあるため、こうしたソフトを導入した場合、速度低下の要因になる場合があります。

ネットワークなど回線環境に起因する問題

ネットワークの速度は経路の距離や混雑具合によって異なるため、速度低下の理由として、以下の3点が考えられます。

接続先サーバーまでの通信経路の混雑状況の影響

通信経路の混雑は突発的に発生することがあります。
通信速度が遅いと感じた場合は、時間帯を変えて利用すると通信速度が向上することがあります。

接続先サーバーの負荷の影響

インターネット上にあるさまざまなサイトは、多くのインターネットユーザーで利用されています。
このため、多数の接続があるサイトでは、サーバーに負荷がかかり、通信速度が低下することがあります。
通信速度が遅いと感じた場合は、時間帯を変えて利用をお試しください。

接続先サーバーまでの通信距離の影響

一般的には、お使いのパソコンから接続先サーバーまでの通信距離が遠いほど、通信に要する時間が長くなり、通信速度は低下します。
具体的には、以下をご覧ください。

ネットワーク間の距離に起因する速度低下図

(A) : パソコン-NTT地域IP網間の速度
(B) : NTT地域IP網-FUJITSU網間の速度
(C) : FUJITSU網-インターネット網間での速度

例えば、(A)の間で速度が100M出ていた場合でも、(B)、(C)の混雑により速度が40~50Mだった場合、速度低下の原因となります。

また、一般的な速度測定サイトなどを用いて速度を計る場合、サイトまでの距離が遠かったりするほど速度が出にくくなります。

速度測定サイトでの測定結果が著しく異なる場合は、フレッツ-@nifty網以外に速度低下の要因があると考えられます。

常駐プログラムに起因する問題

上記以外にも、パソコンなどに常駐して動作するプログラム(ウイルス検知ソフト、セキュリティソフトなど)による処理能力の消費や動作が、通信速度に影響を与える場合があります。

Symantec社製のセキュリティソフトをお使いの方は以下のページもご覧ください。

Symantec(シマンテック)ホームページ

ブラウザーの初期化

速度が低下する場合は、ブラウザーの初期化もお試しください。